オリジナルTシャツプリントのエドバンは、オリジナルプリントTシャツの他オリジナルウェア・チームウェア・クラスウェアまで対応中

エドバン

デザイン校正代が無料

カートを見る
メールでのお問い合わせ

デザイン入稿はラフ画でOK

送料無料

はじめてのお客様へ

お見積り依頼フォーム
FAXでお見積り
オンラインデザインシステム
LINE@

無料カタログ申込み

無料貸出しフォーム

営業カレンダー

:休日 :半数で営業

2017年08月
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

2017年09月
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

スマホサイトはこちら
パート・アルバイト募集
eファクトリー

eファクトリーは業版プリント工場です。各種プリント業やアパレル店、スポーツ店、広告代理店様等にパートナー価格でプリントウェアを製作しています。お取引先様の制限がある為、お問合せ下さい。

100円プリントBOX

催/販/贈のオリジナルTシャツやバッグのことなら100円PBにおまかせ下さい。激安でシルクプリント製作致します。デザイン完全データでご入稿下さい。

ヤフーショッピングサイト フェローズ

チャリティーTシャツ通販のフェローズは、東日本大震災や熊本地震の復興支援Tシャツを販売し、売上の20%を寄付しています。送料は無料!

日本オリジナルTシャツ協会

トップ > プリントについて

プリントについて−加工方法−

シルクプリント

シルクプリントとはオリジナルプリントウェアの代表的なプリント方法で、正式名称はスクリーンプリント(俗名=シルクプリント)です。各種ショップで販売されているプリントウェアのほとんどがシルクプリントで作られています。デザインを色ごとに製版するので、例えば3色刷りの製版数は3版になります。このように、デザインの色数分だけ「版」を作り、1色ずつプリントし完成させるプリント方法です。シルクプリントは、インクを使い分けることにより様々な素材にプリントできる万能プリントで、インクジェットや昇華転写プリントには出来ないラメや発泡・ひび割れ等々あらゆるプリントができるので、「職人プリント」とも呼ばれています。

ラバータイプ

弊社では、特に指定が無い場合はこのラバータイプでプリントします。
生地の表面にインクを定着させるため、濃色生地にも発色の良いプリントが出来ます。さらにオプションインクを使用することにより、様々な表現が可能になります。

ラバーインクには水性と油性の2種類がありますが、弊社で使用しているのはノンホルマリンの水性インクです。

ラバーインク

ラバータイプの特徴

  • 発色がよく、生地色の影響を受けません。
  • 洗濯堅牢度が高く、耐久性に優れています。

ラバータイプの短所

  • ベタの面積が大きい程、生地の通気性が悪くなります。
  • ポリエステル生地にプリントをした場合、高温になる場所に長時間置いておくと生地の色がインクに移ってしまうことがあります。昇華移染してしまうことがあります。

染み込み (1色につき@100円UP)

その名の通り生地に染みこむタイプのインクで、顔料プリントとも呼ばれます。インクが生地に染み込むことにより、プリントの面積が広くても生地の風合いを損なうこと無くプリントできます。

白い生地へのプリントであればインクの色がそのまま出ますが、カラー生地にプリントすると生地色の影響を受けて違う色に見えてしまいます。

また染み込むという特性上滲みやすいため、細かいデザインや色にこだわりがある場合にはラバーインクでのプリントをおすすめ致します。

染み込みインク

染み込みインクの特徴

  • 生地の風合いを損ないません。
  • 色を重ねることで違う色を表現できます。
  • 抜染プリントと組み合わせることで着抜プリントが可能です。
  • トライブレンド生地にプリントすることでヴィンテージ風の表現が可能です。

染み込みインクの短所

  • 生地色の影響を受けます。
  • カラー生地へのプリントの場合、指定色でプリントをしても生地色の影響を受けるため色味が変わってしまいます。
  • ポリエステルにはプリント出来ません。

金銀メタル (1色につき@100円UP)

金粉または銀粉を専用のバインダーに混ぜてプリントします。

特殊インクのため追加料金がかかります。

金銀メタルインク

金銀メタルの特徴

  • ブルゾンやウィンドブレーカー等にもプリントが可能です。
  • 高級感のある仕上がりになります。

金銀メタルの短所

  • インクに粉を混ぜているため、細かい柄にはお勧めできません。
  • 色味の指定は出来ません。
  • メタルの粉には酸化防止剤が入っていますが、汗などによって黒く変色する場合があります。

ラメ(グリッター) (1色につき@200円UP)

ラバーインクを刷った上にラメ(グリッターとも呼ばれる)の粒子を混ぜたバインダーをプリントします。

ラメ自体の色は金もしくは銀になりますが、下にひくラバーインクの色はご指定いただけます。

特殊インクのため追加料金がかかります。

ラメ(グリッター)

ラメ(グリッター)の特徴

  • 光をあてるとキラキラと光って、とても豪華な印象になります。
  • ラメ用バインダーを着色することにより、金銀以外のカラーも表現できます。

ラメ(グリッター)の短所

  • ラメの粒子が粗いため、細かい柄にはお勧めできません。
  • 使用状況により、表面のラメ粒子が取れてしまうことがあります。
  • ブルゾンやウィンドブレーカー等はラメがあまり乗りません。
  • 表面にラメを乗せるため、発色のいいプリントが出来ません。
  • 色の再現が難しいため、追加製作時に多少色味が変わってしまう場合があります。

蛍光 (1色につき@200円UP)

通常のインクよりも彩度が高く発色が鮮やかな、明るい色のインクです。

濃色生地にプリントする場合は下地に顔料少なめのインクをプリントして、その上に通常のインクをプリントします。

特殊インクのため追加料金がかかります。

蛍光インク

蛍光インクの特徴

  • ビビッドカラーでよく目立ちます。
  • ブルゾンやウィンドブレーカー等にもプリントが可能です。

蛍光インクの短所

  • 下地を刷るのでプリントが通常よりも厚めになります。
  • 細かいデザインにはお勧めできません。
  • 裏起毛のスウェット類にプリントした際に下地とプリントが多少ずれてしまうことがあります。

発泡 (1色につき@300円UP)

プリント後に熱を加えるとプリント部分が膨らむ特殊なインクを使用しています。

発泡インクを着色するだけでは、インクの色が薄くなってしまうため、指定色の発泡プリントをするために発泡インクの上にラバーインクを重ねてプリントします。

特殊インクのため追加料金がかかります。

発泡インク

発泡プリントの特徴

  • 立体的な表現が可能です。
  • ぷっくりとして可愛い仕上がりになります。

発泡プリントの短所

  • 細かいデザインには不向きです。(膨らませると潰れてしまうため)
  • 基本的には綿100%の素材以外はプリントできません。
  • 摩擦に弱いため、プリント部分をあまり擦り過ぎないようご注意ください。

ネック&ボディプリント (1色につき@300円UP)

弊社で独自に開発した刷り板を使用してTシャツのリブ部分にもスクリーンプリント直接刷りが 可能となりました。

特殊技法のため追加料金がかかります。

ネック&ボディプリント

ネック&ボディプリントの特徴

  • Tシャツのリブからボディ部分にかけてのプリントが可能です。
  • 半ラバーのインクを使用することでリブ部分に出来るインク溜りを軽減しています。

ネック&ボディプリントの短所

  • リブや縫い目の部分にはインク溜りができます。
  • リブの上側にもインクが付きますので、着用した時にリブについたインクが肌に当たる場合があります。

ひび割れ (1色につき@200円UP)

実際にインクが割れて古着のような仕上がりになるプリントで、クラックプリントとも呼ばれます。

実際のインクでプリントをした後にプリント部分を引っ張ったり洗い加工を加える事によって着古して劣化したかのようなプリントになります。

特殊インクのため追加料金がかかります。また、洗い加工は別途お見積りとなります。

ひび割れプリント

ひび割れの特徴

  • 本物の古着のようなレトロな仕上がりになります。
  • 着用や洗濯を重ねるごとにひび割れていき古着感が増していきます。
  • ひび割れ方は1枚1枚異なります。

ひび割れの短所

  • プリント部分を引っ張ってひび割れさせると生地が伸びたりプリントがゆがんでしまう可能性がありますので、引っ張り過ぎにはご注意下さい。(あまりお薦めは出来ません。)
  • ひび割れが増えるほどインクが剥がれやすくなります。
  • 伸びない生地へのプリントはお勧めできません。

厚盛り (1色につき@300円UP)

厚盛専用のスクリーン版を使用し、専用インクで厚めのプリントをします。

特殊インクのため追加料金がかかります。

厚盛りプリント

厚盛りの特徴

  • 通常よりも存在感のあるプリントになります。
  • 立体的な表現が可能です。

厚盛りの短所

  • 多色のプリントは出来ません。
  • 他のプリント技法との組み合わせができません。
  • 細かいデザインにはお勧めできません。
  • インクの乗る面積が多くなるとウェアがゴワつきます。

油性WRナイロン

ナイロンやポリエステルブルゾンへのプリントに使用するインクです。

Tシャツ等とは版の種類が異なるため、同じデザインをプリントする場合でも別版が必要になります。

油性WRナイロンプリント

油性WRナイロンの特徴

  • 専用インクなので簡単に剥がれることはありません。
  • 生地が一重のものや、裏地が付いていてもフラシ加工になっている商品には多色プリントも可能です。
  • 金銀メタルや蛍光のプリントも可能です。

油性WRナイロンの短所

  • 車のシート等のビニール製品にプリントを密着させると、インクがくっついてプリントが剥がれてしまうことがありますのでご注意ください。
  • 中綿入りや裏地付きのブルゾンへのプリントは基本的に通常色1色刷りのみとなります。

油性エナメル用

エナメル製品へのプリントに使用するインクです。

油性エナメルプリント

油性エナメル用の特徴

  • エナメルバッグにもプリントが可能です。
  • 専用インクを使用することによりプリントが剥がれにくくなりました。

油性エナメル用の短所

  • 他のインクに比べると剥がれやすく傷つきやすいため、お取り扱いにはご注意下さい。

テクニカルグラデーション (1色につき@200円UP)

版の上に3色までのインクを並べて乗せて刷る事により、インクの境目が混ざり徐々に変化していくように見せるプリント技法です。
手刷りでグラデーションを表現していますので、色の変化の仕方が1枚ごとに異なります。
特殊技法のため追加料金がかかります。

グラデーション

テクニカルグラデーションの特徴

  • 2色または3色のインクを使用してグラデーションを作ります。
  • 横方向に変化するグラデーションのみ可能です。
  • きれいに仕上げるためには横幅25cm以上が必要です。

テクニカルグラデーションの短所

  • 商品によってはプリント出来ないものがあります。
  • 色の混ざり方等の細かい指定は出来ません。
  • 特殊インクを使用する場合はプリントできないこともありますので、事前にお問い合わせください。

金銀箔 (1色につき@300円UP)

ウェアにスクリーンプリントでホットメルト(のり)をプリントします。 それが乾いたらプリント部分に金箔が銀箔のシートを熱プレスして圧着します。
特殊技法のため追加料金がかかります。

金銀箔

金銀箔の特徴

  • シートは金箔・銀箔があります。
  • 金銀箔は表面がツルっとしていて光沢のあるシートです。
  • ラバーの多色の一部に箔を使用する「多色刷り金銀箔スクリーン転写」も可能です。

金銀箔の短所

  • 細かいデザインには向いていません。
  • 1つのデザインに使用できるシートは1種類のみです。
  • シートを貼り付けるため、プリント部分の通気性は悪くなります。
  • シート部分は伸縮性がないため、割れたりシワが付いたりします。

シートカッティング転写

カッティング転写プリントは、転写シートをプロッターカットし、熱圧着する方法です。少数注文やオンデマンドで1枚から対応可能で、比較的安価にプリント製作できるため、スポーツウェアのゼッケン・番号や個人名を入れる需要が多いです。近年は、バラエティにとんだ様々な柄の転写シートがあり、デザインの幅が広がっています。シルクプリントの風合いに酷似した薄地ラバーシートが人気です。

カラーレーザー転写

転写専用のカラーレーザープリンターを使って、デザインデータを専用転写紙に出力し、ウェアに熱プレスして仕上げます。 一般的に、白やパステル色のウェアには、白引き無しの淡色用転写紙を使用し、カラーのウェアには白引き有りの濃色用転写紙を使用します。 また、濃色用リタックカラーレーザー転写プリントは、デザインをカラー転写出力後にカス取りを行い、リタックフィルムに移し熱転写する手法になります。

淡色用カラーレーザー転写

基本的には白生地にのみ使用します。

パステルカラーの記事にも使用することは可能ですが、シートが透明なので生地の色が透けてデザインに影響します。
アパレル商品等ではあえてカラー生地にプリントする場合もあります。

淡色用カラーレーザー転写

淡色用カラーレーザー転写の特徴

  • シートが透明で薄いためプリント面の違和感があまりありません。
  • プリントが大きくても比較的安価です。

淡色用カラーレーザー転写の短所

  • 選択を繰り返すと生地の毛羽立ちによってプリントが薄くなります。
    (頻繁に着用・選択をするようなものには白ボディであっても濃色用カラー転写をお勧めします。)
    (業務用のプレス機でプレスをすれば色味が戻りますが、家庭用のアイロンなどでは効果はありません。)
  • ブルゾンやウィンドブレーカー等には使用できません。
  • 高温でプレスするため、ポリエステルポリエステル100%の生地にプリントするとプレス跡が残ります。
  • 鹿の子やハニカムメッシュの生地は表面に凹凸があってシートの乗りがあまりよくないためお勧めできません。

濃色用カラーレーザー転写

全ての色のシャツに使用できます。(白色も可能です。)

不透明なラバーシートにカラーを出力し熱圧着するため、デザインの周りに生地色に似せたフチがつきます。

仕上がりはシールを貼り付けたようなイメージになります。

濃色用カラーレーザー転写

濃色用カラーレーザー転写の特徴

  • 選択堅牢度は高く、色落ちなどの心配はほとんどありません。
  • デザインの余白く部分に生地色に似せたフチが付きますので、ワッペンのような形状のデザインがお勧めです。

濃色用カラーレーザー転写の短所

  • 使い込むとひび割れや剥がれを起こすことがあります。
  • ラバーシートを貼り付けるためプリントサイズが大きいと、ゴワゴワして違和感があり通気性も悪くなります。
  • ブルゾン専用の転写シートもありますが、通常のシートよりも剥がれやすいのでお取り扱いにはご注意ください。

濃色用リタックカラーレーザー転写

デザインをカラー出力後、カス取りを行いリタックフィルムに移し熱転写します。

転写シートは濃色用カラーレーザー転写と同じですが、デザインの余白部分を取り除くことが出来ます。

濃色用リタックカラーレーザー転写

濃色用リタックカラーレーザー転写の特徴

  • 選択堅牢度は高く、色落ちなどの心配はほとんどありません。
  • 余白の多いデザインにお勧めです。
  • デザインの周りには生地色に似せたフチが付きます。

濃色用リタックカラーレーザー転写の短所

  • 細かいデザインにはお勧めできません。
  • 通常の濃色用カラーレーザー転写にカス取りやリタックシートに移す工程が増えるため割高になります。

ナイロンリタックカラーレーザー転写

不透明な転写シートにデザインをカラー出力後、カス取りを行いリタックフィルムに移し熱転写します。

ブルゾン専用の転写シートです。

濃色用リタックカラーレーザー転写

ナイロンリタックカラーレーザー転写の特徴

  • 余白の多いデザインにお勧めです。
  • デザインの周りには生地色に似せたフチが付きます。

ナイロンリタックカラーレーザー転写の短所

  • 細かいデザインにはお勧めできません。
  • 他のカラーレーザー転写に比べると割高になります。
  • 専用シートを使用しますが他のシートよりも剥がれやすいので、お取り扱いにはご注意ください。

スクリーンカラーレーザー転写

カラーレーザープリンターとスクリーンプリントを活用したプリント方法です。スクリーンカラーレーザー転写プリント(俗名=デジタル転写)のやり方は、デザインを離型紙にカラー出力した後、スクリーン版で白やホットメルトを刷り、そのシートをウェアに熱プレスして転写します。デザインデータに忠実で、細部に渡り最も発色が良くきれいなプリント方法です。

スクリーンカラーレーザー転写(Wタイプ)

スクリーンカラーレーザー転写(Wタイプ)

Wタイプの特徴

  • デザインの周りに1mm程の白フチが付きます。
  • デジタル転写の中では最も安価です。

スクリーンカラーレーザー転写(Cタイプ)

スクリーンカラーレーザー転写(Cタイプ)

Cタイプの特徴

  • デザインの周りに1mm程の透明フチが付きます。
  • シルクプリント版は2版〜

昇華転写プリント

昇華転写プリント(DFP)とは専用のインクジェットプリンターを使って、デザインを専用転写紙に昇華インク(分散染料)で出力し、白ポリエステル100%生地に200℃前後の熱と圧力をかけ、色を浸透させ、プリントする方法です。気化した粒子の細かいインクが繊維に染みこむため、特に写真やグラデーションがきれいに印刷できます。印刷した生地の表面は違和感がなく、風合いが柔らかく、通気性が良いです。協力工場とのパートナー提携により、生地を裁断し、デザインをフルカラーで昇華転写後に縫製するオーダーシャツやオーダージャンパーなどの製作が可能になりました。

白Tシャツ昇華転写

白Tシャツ昇華転写

ダイレクトインクジェット

ダイレクトインクジェットプリントは、今、アパレルで最も注目されているプリント方法です。プリント工程は、まずウェアに下処理を施してから熱プレスをしてプリント面の毛羽立ちを抑え、ガーメントプリンターにセットします。そしてパソコンからデザインデータをガーメントプリンターに送り、ウェアに顔料インクを直接インクジェットプリントします。

白引無し

白引無し

縫目渡しプリント

縫目渡しプリント

スクリーンインクジェット

スクリーン自動回転刷り機とインクジェット機を合体させ、スクリーンプリントによる下引きの上にインクジェットプリントを乗せて、フルカラープリントの生産性を高めています。さらにスクリーンプリントの特性を生かし、特色やアメリカンラバー・蛍光・ラメなどを刷り、プリントの幅を広げることができるようになりました。

SIP-スクリーンインクジェットプリント

SIPスクリーンインクジェットプリント

SIP-スクリーンインクジェットプリント抜染

SIPスクリーンインクジェットプリント抜染

刺繍マーキング

刺繍マーキングは、大きく分類すると「直接刺繍」「ワッペン刺繍」「ネーム刺繍」に分けられます。会社やチームのロゴマークやキャラクターのアウトライン化されたデザインデータを刺繍データに修正し、コンピュータ刺繍機で縫込みする、職人技が光る豪華で綺麗なマーキングといえます。ポロシャツやスウェットやワーキングウェアには、職場のロゴなどを直接刺繍をしたり、ブルゾンやスタッフジャケットにはチームのロゴを刺繍ワッペンにして取り付けることが一般的です。会社名や個人名の場合は、書体や糸カラーを選んでシャツやブルゾンに直接刺繍をします。数年前からは、帽子への3D刺繍が人気です。

刺繍ネーム

刺繍ネーム

ダイレクト刺繍

ダイレクト刺繍

刺繍ワッペン

刺繍ワッペン

3D刺繍

3D刺繍

ラインストーン

もともとはダイヤモンドの代用品として使われたライン川の水晶をカットして装飾用にしていましたが、近年は、クリスタルガラスを使用してカットしたスワロフスキー社が有名です。その他、ガラスやプラスチックやアクリルでカットしたラインストーンがあります。

ラインストーン

もともとはダイヤモンドの代用品として使われたライン川の水晶をカットして装飾用にしていましたが、近年は、クリスタルガラスを使用してカットしたスワロフスキー社が有名です。その他、ガラスやプラスチックやアクリルでカットしたラインストーンがあります。

ラインストーン

ラインストーンの特徴

  • ラインストーンをウェアに使用するとダイヤモンドを散りばめたような輝きがあり、高級感があります。
  • ラインストーンの大小をおりまぜることにより、輝きに変化をもたらすことができます。

ラインストーンの短所

  • ラインストーンの大きさや個数の他、難易度により、お見積りが割高になります。
  • 品質や価格が異なるラインストーンがあるので、輝き方もそれぞれ異なります。
  • 洗濯や摩擦により、剥がれることがあります。
  • ご注文時にラインストーンの個数やレイアウトを詳細に指示することはできません。
  • 他のマーキング方法と比べ、永めの納期が必要になります。

上記内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。


お見積りについて

お見積りは無料でさせていただきます。
ご注文かお見積りのみ希望かをご明記ください。
プリント料金は枚数によって料金が変わります。枚数とプリント箇所、色数をお知らせ下さい。プリント追加製作の場合も枚数によって料金がかわります。
>> 詳しくはコチラ

お申し込みについて

ご注文は以下のいずれかの方法をお選び下さい。「商品ページ下部の各お申し込みフォーム」「Webお見積り&ご注文」「FAXお見積り&ご注文」にてお受けしております。
■キャンセルについて
ご注文確定後のキャンセルはできません。
>> 詳しくはコチラ

デザイン・プリントについて

著作権、肖像権、商標登録に関わるようなデザイン、社会通念上当社が不適切と判断したデザインのプリントは固くお断りしております。
プリント色指示はFカラー、またはDICカラーでお選びいただくか、色見本でご指示ください。その際、お客様の画面の色と弊社の画面の色合いは異なりますので多少の誤差は御了承下さい。
>> 詳しくはコチラ

返品、交換について

 ・不良品のみ受け付けいたします。
 *お届けした商品が当方の出荷ミスで色・サイズが異なる場合
 *お届けした商品が当方の検品ミスで汚れ・キズなどの不良がある場合
 *納品後10日以内・未使用に限ります。
>> 詳しくはコチラ


お支払いについて

■運送便代金引き換え
  「代金引き換え」手数料はお客様負担になります。
■前払い銀行振込
  振込手数料はお客様負担になります。
■コンビニ・郵便振込でのお支払い
  振込手数料はかかりません。
  学校納品時のみ選択可能です。
>> 詳しくはコチラ

配送料について

配送料は地域により異なります。
九州〜東京:700円(税込756円)、東北:900円(税込972円)、沖縄・北海道:1,400円(税込1,512円)、離島は別途お見積りさせていただきます。
3万円(税別)以上お買上げのお客様は送料が無料になります。(多数箇所への納品は有料です)
>> 詳しくはコチラ

追加注文について

追加製作とは初回と同じ版型での製作ですので、同じデザインでもプリントの大きさを変更する場合は新規版となりますのでご注意下さい。
追加製作も5枚から受け付けております。プリントカラーの変更もできます。
>> 詳しくはコチラ

特定商取引に基づく表示

販売業者 エドバン株式会社
所在地 〒721-0954
広島県福山市卸町8-1
電話番号 084-981-5515
050-8883-7097(IP)
FAX番号 084-981-5535
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 10:00〜18:00
Email info@edvan-print.com

エドバン株式会社 〒721-0954 広島県福山市卸町8-1 TEL:084-981-5515 FAX:084-981-5535 定休日:土・日曜・祝日 営業時間:10:00〜18:00
Copyright(C)2013 EDVAN All Rights Reserved